「マークスの山」郄村薫:著

マークスの山郄村薫:著を読んだ。
数年前に読んだので再読ということになる。
本格派警察小説という位置づけで、会田刑事が活躍するシリーズの第一弾だ。
骨太な文章、細かでリアルな描写。読者は犯人が分かっているのだけど、会田刑事を初めとする警察組織が、どのようにその犯人に近づいていくのかを読み進めるという切り口が新鮮。
マークスという犯人の心理描写は、かなり病的でついていけない部分も正直あったが、南アルプス北岳がキーワードということもあり、面白く読み進めることが出来た。

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)