「たった一人の30年戦争」小野田寛郎:著

先日、父がお客様からお借りした本「たった一人の30年戦争」小野田寛郎:著を読んだ。
なんとなく読み進めていったら、一日で読了してしまうほど、惹きつけられる内容だった。
戦争体験を扱った本として印象深いものに、「野火」大岡昇平:著があるが、それとはまた違い、これは、当時の心境や暮らしがとても簡潔明瞭な文章で綴られている。個人的には、3人の仲間が1人減り2人減り、最後には独りになってしまう、その時々の心理描写が印象的だった。やはり、1人はつらいものなのだなあと。そういった意味では、タイトルの「たった一人の30年戦争は」正確な表現ではないような気もする。

たった一人の30年戦争

たった一人の30年戦争