「ヴィヨンの妻」太宰治:著

映画化もされた、「ヴィヨンの妻」を読んだ。
最後のシーン、妻を愛する大谷の気持ちのこもった台詞が、悲しくも暖かい。よい話だった。