「人間失格」太宰治:著

 以前買っておいた、太宰治の文庫から、「斜陽」「桜桃」「走れメロス」と続き、「人間失格」読んだ。若かりし頃の自分と重なる部分もあり、共感が持てた。そしてこの作品は、近年ブームの太宰作品の中でも、人気があるとの事。自分の内に秘めたひとつの感情が、実は誰しもが持っているものだということがわかる、ひとつの現象だと感じた。

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)