クルマ補修 No2

パテ盛りから、パテ研磨・拾いパテ・研磨と続き、プラサフ塗装までこぎつけた。とりあえずここまでくれば、サビ等も心配なくなるので、後は気長に取り組もう。